『BANANA FISH』の意味って?元ネタ・関連小説をまとめました!

 

BANANA FISHアニメ化を祝して、【完全版】BANANA FISHファンが巡礼すべき聖地まとめ【祝アニメ化】という記事を書きました。

 

BANANA FISHを読めば(見れば)、間違いなく聖地(N.Y.)に巡礼したくなると思うのですが、もう一つ、やりたくなることがあります。

 

それは、物語の要所要所で出てくる洋書。

あっ・・ギャグじゃないです!

 

とにかく、洋書が気になって仕方なくなる!

そして読んでみたくなる!

 

分かります。

筆者もかつて、そうなりました。読みました。

長編(海流の中の島々)は途中で挫折しましたが・・。

 

ということで、関連小説一覧をまとめました!

 

※2018/12/15 追記

アニメ第23話に登場した『武器よさらば』を追記しました!



①『バナナフィッシュにうってつけの日』(原題:A Perfect day for Banana fish

J・D・サリンジャーによる短編小説。

『ナイン・ストーリーズ』という短編集に収録されています。

 

漫画・アニメのタイトルである『BANANA FISH』、および作中に出てくる謎のキーワード『バナナフィッシュ』の由来が、こちらの小説です。

 

バナナフィッシュにうってつけの日』のストーリーを物凄~く簡単にまとめると、こんな感じです。

シーモア・グラースという男性が、浜辺で少女に向かってバナナフィッシュについて語り、「今日はバナナフィッシュにうってつけの日だ」と述べたあと、自殺してしまう話。

「あのね、バナナがどっさり入ってる穴の中に泳いで入って行くんだ。入るときにはごく普通の形をした魚なんだよ。ところが、いったん穴の中に入ると、豚みたいに行儀が悪くなる。ぼくの知ってるバナナフィッシュにはね、バナナ穴の中に入って、バナナを七十八本も平らげた奴がいる」

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

この小説を踏まえ、漫画『BANANA FISH』のなかでは、”バナナフィッシュは、その姿を見ると死にたくなる、死を招く魚”と語られています。

 

(補足)『バナナフィッシュにうってつけの日』について

・シーモアは本作のラストで自殺してしまいますが、グラース家は、のちのサリンジャー作品にも登場します

・本文中に明示的な説明はありませんが、シーモアは兵役で神経衰弱していたのであろうこと、バナナ穴・バナナ熱・バナナフィッシュは、戦争や戦後の狂気、そしてそれらに振り回される人々を暗喩しているのではないか、と読み取れるような描写があります

・サリンジャーは言葉遊びが巧みな小説家で、原書で読むと気づく仕掛けもある(※)ということですので、思い切って原書にチャレンジしてみてもいいと思います(アッシュは英語で読むのだろうし!)

(※)新婚夫婦のホテルの部屋が507でsixless→sexlessであるとか、シーモア・グラースという名前に対して「see more glass!」(もっと鏡見て!)という台詞があるなど

 

 

短いお話でサクッと読めるので、BANANA FISHの世界観を深めたい人におすすめです。

 

アッシュと同じ言語で読みたい方は、迷わずこちら!



②『キリマンジャロの雪』(原題:The Snows of Kilimanjaro)

アーネスト・ヘミングウェイによる短編小説。

アッシュと英二がの会話の中に出てくる小説です。

キリマンジャロの頂上近くに、豹の死骸がある。

その豹は、何を求めて高みを目指したのか、死の直前、豹は更なる高みを目指していたのか、それとも、引き返そうとしていたのか。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

アッシュは、自分の死を思うとき、いつもこの豹のことを考えるのだと、まるで独り言のように、英二に語り掛けます。

英二はそんなアッシュに対し、「人間は豹にない知恵をもって運命を変えることができる」と伝えます。

 

余談ですが、このころのアッシュはもう美少年絶世期・・。

遠くを見つめる眼差しが・・尊すぎます・・!

 

ちなみに、ヘミングウェイはブランカの愛読書であると推測されるため、この小説もブランカの影響で読んだのかもしれないですね。

 

英文で読むならこちらもおすすめです。



③『海流の中の島々』(原題:Islands in the Stream)

『キリマンジャロの雪』同様、アーネスト・ヘミングウェイによる長編小説。

アッシュの師匠である、ブランカの愛読書です。

 

ブランカ曰く、人の孤独について書かれているらしいですが、筆者は途中で挫折したので、詳しくは分からないのです・・。

アニメ化を機に、もう一度、トライしてみようかな・・。

アニメでブランカが出てくる前に・・!

 

④『武器よさらば』(原題:A Farewell to Arms)

『キリマンジャロの雪』、『海流の中の島々』同様、アーネスト・ヘミングウェイによる長編小説です。

アニメ第23話『誰がために鐘は鳴る』において、ブランカの持ち物として登場しました。

第一次世界大戦中、イタリア兵に志願したアメリカ人フレデリック・ヘンリーだが、イタリア軍は理想とはかけ離れていた。その戦場で看護婦キャサリン・バークレイと出会う。初めは遊びのつもりの恋であったが、しだいに二人は深く愛し合うようになった。やがてキャサリンの妊娠が分かり、二人はスイスへと逃亡する。ところが難産の末、子と共にキャサリンは死んでしまい、最後は雨の中をフレデリックは一人立ち去ってゆく。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

BANANA FISHの原作はこちら


BANANA FISH(電子書籍)


BANANA FISH(文庫)



BANANA FISH(復刻版BOX)

 

アニメ『BANANA FISH』の見逃し配信はこちら

アニメ『BANANA FISH』はAmazonプライムで配信中です!

アマプラは¥ 500(税込)/月の月額会員サービスですが、30日間の無料体験もあり『BANANA FISH』以外にもさまざまなドラマ・アニメ・映画などを見ることができるのでおすすめです!

(本来のプライム会員特典は、Amazon注文品の翌日無料配送サービスなのですが、我が家ではもっぱら動画目当てで利用しています)

Amazonプライムで『BANANA FISH』を確認

その他のBANANA FISH関連記事はこちら

【完全版】BANANA FISHファンが巡礼すべき聖地まとめ【祝アニメ化】

【完全版補足】バナナフィッシュファンが巡礼すべき聖地まとめ

『BANANA FISH』の意味って?元ネタ・関連小説をまとめたよ

『BANANA FISH』の番外編・続編・関連作品まとめ 

『BANANA FISHオフィシャルガイドブックREBIRTH完全版』発売!

【BANANA FISH】アニメ各話のタイトルはサリンジャー&ヘミングウェイの小説作品名!

【BANANA FISH】君はアッシュ・リンクスの三段変化を見たか【祝・イラストブックANGEL EYES復刻発売】

襲い来る未曾有の『BANANA FISHロス』、そのときあなたは

【BANANA FISH】心のイメージソング【ネタバレ注意】

アニメ『BANANA FISH』第一話「バナナフィッシュにうってつけの日」ネタバレ感想!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

Optionally add an image (JPEG only)

関連記事

【完全版補足】バナナフィッシュファンが巡礼すべき聖地まとめ

【BANANA FISH】アニメ第7話 感想「リッチ・ボーイ」

いま再びのコナンブーム。安室って誰だってばよ

【BANANA FISH】アニメ第5話 感想「死より朝へ」終盤、映画っぽくて格好...

原作ファンの心をくすぐりまくる金田一外伝が最高過ぎる『犯人たちの事件簿』

【完全保存版】大人が読んでも絶対に面白いおすすめ名作漫画【随時更新】